中坊竜堂作品紹介、仏面

▼作品集トップページに戻る

▼「能面」を見る  ▼「伎楽、舞楽面」を見る  ▼「仏像」を見る  ▼「創作作品」を見る

月光菩薩

月光菩薩 国宝 東大寺

月光菩薩(がっこうぼさつ)は、仏教における菩薩の一尊。 日光菩薩と共に薬師如来の脇侍を務め、薬師三尊を構成しています。『薬師経』に依れば、月光菩薩は、月の光を象徴する菩薩であり、 日光菩薩と共に、薬師如来の教説を守る役割を果たしています。造形上は、日光菩薩と対になるように、対称的に造形されます。 日光菩薩が右腕を上げ左腕を垂らす場合は、月光菩薩が左腕を上げて右腕を垂らすといった姿形がとられます。 また、その上げた方の手の親指と人差し指で輪を作る作例が多くあります。さらに、宝冠と持物に月を表す標幟を表現することも多く見られます。

不動明王像

不動明王像  重要文化財 東大寺法華堂

密教の根本尊である大日如来の化身であると見なされています。「お不動さん」の名で親しまれ、大日大聖不動明王、無動明王、無動尊、不動尊などとも呼ばれます。 梵語名のアチャラナータの意味は「動かないこと」であり、これから不動明王と呼ばれました。アジアの仏教圏の中でも特に日本において根強い信仰を得ており、 造像例も多くあります。悪魔を降伏するために火焔を背負い、目を怒らせ、右手に宝剣を持ち左手に縄、下唇を上歯でかむという大変恐ろしい姿をしておられます。 すべての障害を打ち砕き、おとなしく仏道に従わないものを無理矢理にでも導き救済するという役目を持っています。

執金剛神像

執金剛神像 国宝 大寺法華堂(三月堂)

仁王像は阿形・吽形の一対として造像するのが原則ですが、これを1体のみで表した執金剛神と呼ばれる像があります。 東大寺法華堂(三月堂)の本尊の背後の厨子内に安置された塑造執金剛神立像(国宝)がその例で、形勢や表情は一般の仁王像と似ていますが、 裸形でなく甲冑を着けている点が異なります。制作年代は三月堂諸仏像の中で最も古いとされており、東大寺ではこの像を長く秘仏として年に一度開扉する以外は拝観は許されていません。 足利義政のころには既に秘仏とされていた記録が残っています。そのため保存状態もよく、塑像であるにもかかわらず、破損箇所も少なく ほとんど修理も加えられていません。

婆娑羅大将

伐折羅(バサラ) 国宝 新薬師寺金堂

婆娑羅大将は十二神将の中の一人です。十二神将とは、薬師如来の世界とそれを信仰する人々を守る大将で、 1体に700人の眷属(けんぞく、部下)を率いていると言われます。 新薬師寺の十二神将は激しい怒りを表現したほぼ等身大の立像であり、塑像彫刻として奈良時代の名品と言えます。また十二の方角を守っており 十二支の守護神としても信仰されています。婆娑羅大将は左手は垂下し拳を開き、右手には剣をもっています。戌年の守り神とされます。

夢違観音像

夢違観音像 国宝 法隆寺大宝蔵殿

夢違観音像の名で親しまれているこの像は、もと法隆寺東院絵殿の本尊でしたが、現在は大宝殿の六観音と同じ室に安置されています。 悪夢を見たときにこの観音に祈ると、善夢に変えてくれるという伝説から夢違観音と呼ばれています。飛鳥時代の彫刻の名残をとどめていますが、 薄い裳の表現や三面宝冠はこの像が白鳳時代の政策であることを物語っています。

阿弥陀三尊仏

阿弥陀三尊仏(中尊) 国宝 飛鳥時代 法隆寺金堂

阿弥陀三尊は、 仏教における仏像安置形式の一つです。阿弥陀如来を中尊とし、その左右に左脇侍の観音菩薩と、右脇侍の勢至菩薩を配する三尊形式です。 観音菩薩は阿弥陀如来の「慈悲」をあらわす化身とされています。 「橘夫人念持仏」という名は、絶対的な権力者・藤原不比等の妻であった橘三千代に由来します。 橘三千代は多くの天皇に重宝され天皇から橘の姓を賜る影の実力者でした。 その実力者の念持仏の造像に際して、中央の優れた技術者が動員されました。光明皇后の母となられた橘夫人は華々しい活躍の裏では孤独で日夜悩むことも多く この念持仏に夜毎念じられたと言われます。

仁王、金剛力士像

仁王(金剛力士)阿形 重要文化財 奈良時代 法隆寺中門

法隆寺中門に立つ塑像は、寺門に安置された仁王像で日本最古のものです。 金剛力士は、仏教の護法善神(守護神)である天部の一つ。 開口の阿形像と、口を結んだ吽形像の2体を一対として、寺院の表門などに安置することが多く見られます。 一般には仁王(におう、二王)の名で親しまれています。 日本では寺院の入口の門の左右に仁王像が立っているのをしばしば見かけます。 像容は上半身裸形で、筋骨隆々とし、阿形像は怒りの表情を顕わにし、吽形像は怒りを内に秘めた表情に表すものが多くなっています。 こうした造形は、寺院内に仏敵が入り込むことを防ぐ守護神としての性格を表しています。

如意輪観音像

如意輪観音 重要文化財 中宮寺本堂

仏教における信仰対象である菩薩の一尊。観音菩薩の変化身の一つであり、六観音の一尊に数えられます。 東洋美術における「考える像」で有名な、思惟半跏のこの像は、飛鳥時代の彫刻の最高傑作と言われます。 また国際美術史学者間では、この像の顔の優しさを評して、数少い「アルカイックスマイル」の典型として高く評価され、 エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ビンチ作のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれています。 半跏の姿勢で左の足を垂れ、右の足を膝の上に置き、右手を曲げて、その指先きをほのかに頬に触れんばかりの優美な造形は、 人間の救いをいかにせんと思惟されるにふさわしい清純な気品をたたえています。

阿修羅像

阿修羅像 国宝 興福寺国宝館

阿修羅というのはインドの神話に出てくる異教の神で、怒りや争い、戦いなどが好きな鬼神のことをいいます。のちにこの阿修羅は ほかの7人の同じような異教の神々と共に釈迦の教えに従い、仏教を護る8人の善神となり、八部衆と呼ばれるようになるのです。阿修羅はもともと 鬼神なのですが、その顔立ちは少年のような親しみさがあります。しかし良く見ると眉を寄せて、厳しさのある顔に作られ、正面を向く 顔の両側に別にもうひとつずつ違った顔があり、腕は六本、つまり三面六臂(三つの顔に六つの腕)という超人的な姿をしています。

千手観音

千手観音 国宝 興福寺国宝館

無数を表す千という数字により、あらゆる方法で人々を救う観音菩薩の慈悲を象徴しています。 千手観音菩薩像を42手にするのは、中央の合掌した2手を除く40手の各手が、仏教で言う25有世界の生き物を救うとされるので 40×25と考えて千となります。鎌倉時代再興期の寛喜頃に完成したものと思われます。 記録によると当初、奈良の仏師「成朝」に割り当て進められたのですが、途中で変更になり別系の仏師により完成されたことが知られます。 丈六もの虚像をバランス良くまとめあげ案していた像容をみせます。

文殊菩薩

文殊菩薩 重要文化財 西大寺本堂

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)、梵名マンジュシュリーは、大乗仏教の崇拝の対象である菩薩の一尊。 一般に智慧を司る仏とされます。「文殊菩薩騎獅像 四侍者像」 興正菩薩の13回忌に当る正安4年(1302)に開眼供養されたものです。 文殊菩薩は興正菩薩が生前非常に信仰した特色のある仏の一つでしたが、現存するものは多くありません。 像内に弟子達の経巻文書類が多く奉籠されていました。西大寺の文殊菩薩増は獅子に乗る文殊菩薩騎獅像で、善財童子像、優填王像、仏陀波利像、 最勝老人像の4躰を従えています。

虚空蔵菩薩

虚空蔵菩薩 重要文化財 矢田寺北僧坊所蔵、奈良国立博物館寄託

堅太りの体格で、華やかな宝髻を結い、強い表情をあらわしています。蓮華座に左足を踏み下げて坐し、左手で宝珠をとり、右手に剣を握ります。 左足のすねにはリズミカルな翻波式の衣文を刻みます。 一般には十三仏の最後三十三回忌の本尊として、丑と寅とし生まれの人の守り本尊と祀られます。 梵語アカ―シャは虚空、ガルバは母胎の意訳であり、限りない宇宙の広がりの中で恵みを受けられると解釈できます。 記憶をつかさどる菩薩であり「空暗記」「そらんじる」などの言葉は虚空蔵菩薩の「空」から来ています。 虚空は何ものにもうち破られないから無能勝であり、蔵はすべての人々に利益安楽を与える宝を収めているという意味です。 悩める全ての人々を救済する力を備えた菩薩です。

伎芸天像

伎芸天像 重要文化財 秋篠寺本堂

伎芸天とは大自在天というインドのシバの神が天上で音楽を奏していたとき、その髪の生え際から不意に生まれた神と言われています。 そのようなことから、伎芸天に芸術や音楽の上達を祈ると望みが叶えられると昔から言い伝えられています。日本に伝わる伎芸天は この秋篠寺伎芸天像一体のみです。堀辰雄氏が「東洋のミューズ」と表現したように、まろやかで美しい像です。

大日如来坐像

大日如来坐像 重要文化財 忍辱山円成寺

 

本像はかつて円成寺の旧多宝塔の本尊として祀られていたものです。おそらく名僧寛遍による円成寺の中興造営の最後を飾るものとして 安政元年(1175)11月24日から良く2年の間に、仏師運慶の父であり師であった康慶の命を受けて造ったもので、鎌倉時代の曙を告げる 名作であることはよく知られています。また十二支の未、申年生まれの御守本尊として親しまれています。

弥勒菩薩像

弥勒菩薩像 国宝 京都広隆寺霊宝館

弥勒菩薩増は飛鳥時代に作られ、丸い台座に腰をおろし、踏み下げた左足のの上に右足を組み、右肘を膝について、指先を頬に当てる「半跏思惟」の姿をしめす菩薩です。 この半跏思惟像はほかの仏像と違って、いかにもゆったりと、リラックスしたお姿です。前かがみになったお顔は 何かちょっと考え事をしているようにも見え、瞑想にふけっているようにもみえます。

聖観音像

聖観音 国宝 白鳳時代 薬師寺東院堂

心の目で見ることを「観(かん)」と言います。色なき色を見、音なき音を聴く、これが「観」です。 この観の働きをもって私たちの悩みや苦しみや悶えをお救い下さるのが観音菩薩です。 聖観世音菩薩は日本屈指のお美しいお姿の観音さまといわれ、薄い衣を召し、 その衣の美しい襞の流れの下からおみ足が透けて見える彫刻法は、インドのグプタ王朝の影響を受けたものです。

薬師如来

薬師如来 国宝 薬師寺金堂

薬師如来は西方極楽浄土の阿弥陀如来に対して東方浄瑠璃界の教主です。その名の通り医薬を司る仏で、医王という別名もあり、 衆生の病気を治し、安楽を与える仏とされます。このため仏像もしばしば薬壷を持っています。 この菩薩時代の大願により人々を救うという点は阿弥陀如来の四十八請願とも同様ですが、阿弥陀が来世での安らぎを約束するのに対して薬師は現世での安 らぎを求める点が異なっています。薬師如来の脇侍(きょうじ)は左に日光菩薩、右に月光(がっこう)菩薩で、十二神将に取り囲まれています。

四天王 国宝 東大寺戒壇院

▼四天王、個別の詳細説明、「仏像ページ」を見る

本来はインド神話に登場する雷神インドラ(帝釈天)の配下で、後に仏教に守護神として取り入れられました。 須弥山頂上の「とう利天」に住む帝釈天の部下として八部鬼衆を所属支配し、須弥山の四つの門を守っているとされます。 この天に住む者の身長は半由旬、寿命は500歳で、その一昼夜は人間界の50年に相当すると言われます。日本では一般に革製の甲冑を身に着けた唐代の武将風の姿で表されます。 四天王像として最も有名な、東大寺戒壇院の像です。

四天王、持国天、増長天

持国天(左) 国宝 東大寺戒壇院
増長天(右) 国宝 東大寺戒壇院

四天王、広目天、多聞天

広目天(左) 国宝 東大寺戒壇院
多聞天(右) 国宝 東大寺戒壇院

金剛力士立像 国宝 東大寺南大門

南大門の左右両端の間に安置されているこの金剛力士は8mに及ぶ大像で、南大門と共にその豪快な姿は東大寺の正面を飾るにふさわしい像です。 開口の阿形(あぎょう)像と、口を結んだ吽形(うんぎょう)像の2体を一対として、寺院の表門などに安置することが多く見られます。 一般には仁王(におう、二王)の名で親しまれています。 原語は「金剛杵(こんごうしょ、仏敵を退散させる武器)を持つもの」の意。日本では寺院の入口の門の左右に仁王像が立っているのをしばしば見かけます。 こうした造形は、寺院内に仏敵が入り込むことを防ぐ守護神としての性格を表しています。 仁王像は安置される場所柄、風雨の害を蒙りやすく、中世以前の古像で、良い状態で残っているものはあまり多くありません 像容は上半身裸形で、筋骨隆々とし、阿形像は怒りの表情を顕わにし、吽形像は怒りを内に秘めた表情に表すものが多くなっています。 阿形像が「金剛力士」、吽形像が「密迹力士」と呼ばれています。建仁3年(1203)7月24日からわずか69日で完成しました。 作者については、運慶、快慶、備中法橋、越後法橋などを含む計20名の人々と思われます。これらの人の手馴れた共同作業により迅速な完成を実現できたのだと思われます。

金剛力士像、吽形、阿形

金剛力士像 吽形「密迹力士」(左)
金剛力士像 阿形「金剛力士」(右)

▼ページトップに戻る