オリジナル作品 中坊竜堂作品紹介

▼作品集トップページに戻る

▼「能面」を見る  ▼「伎楽、舞楽面」を見る  ▼「仏面」を見る  ▼「仏像」を見る 

身近に奈良の美しさを感じていただける作品です。贈り物に、お土産に喜ばれます。

 古代瓦花器

古都奈良には数多くの寺々が甍の波を競っております。その中には我が国にはじめて百済から瓦博士が渡来し、 造瓦の方法を伝え飛鳥寺の建立に協力したと言われ、この瓦が日本最古の古瓦の遺品とされています。現在残されている古瓦の中から数点を選び、 より多くの人々に短かに鑑賞していただきたく独自の創意工夫を重ね、精密かつ忠実に「花器(かき)」として再現いたしました。 この「古代瓦花器(こだいがわら かき)」には野山に咲く一輪が似合いかと存じます。四季を通じ草花一枝を活け、また、末永く奈良の伝統工芸品として愛好しただければ幸いです。

新薬師寺の甍   新薬師寺本堂の甍 独創的な花の文様

古代瓦花器

 ループタイ

古楽面ループタイ

 干支

古楽面「中の坊」干支